daisukesaito

daisukesaito

archimedean spiral
original archimedean spiral

アルキメデス螺旋による造形作品

アルキメデス螺旋とは、線の間隔が常に等しいうずまきです。このアルキメデス螺旋上に等間隔に点を打っていくと模様が出現することを発見しました。さらに、点の大きさや点どうしの間隔の数値を変えていくことにより、様々な模様を作り出すことができました。 そのうちの4作品が東京理科大学近代科学資料館の企画展「数理にひそむ美」に展示されました。また、2017年2月13日(月)-18日(土)の期間、「ISTA BIENNALE」にて展示されます。

slideshow1
slideshow1
slideshow1
slideshow1
slideshow1
slideshow2
slideshow2
slideshow2
slideshow2
slideshow2
slideshow2
slideshow2
slideshow3
slideshow3
slideshow3
slideshow3
slideshow3
slideshow3
slideshow3
slideshow4
slideshow4
slideshow5
slideshow5
slideshow5
slideshow5
© daisukesaito 2017